読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり、食べたり、あきらめたり

つぶやきの保存。主に本や食べ物について。読んだ本の感想は読書メーターに投稿しています。

ドッペルゲンガー?

昼ごはんを買いに行く途中、弟のそっくりさんを見かけた。
ヘルメットで目元はわからなかったけれど、顔の輪郭や、鼻、薄いヒゲのしょぼしょぼとした無精髭や、背格好がそっくりだった。
本人に確認したら違う(その場所にはいない)と言う。
ちょうど、連絡の来た父にそのことを話すと「ドッペルゲンガーや!」と言うので、ドッペルゲンガーの出てくる小説を読みたくなって、芥川龍之介の『二つの手紙』を読んでみたのだった。



最初から最後まで彼は正気なのか?
ドッペルゲンガーに追い詰められたのか?
正気を失いかけていたがゆえに見た幻覚だった?
妻は、どうなったのか?
全ての謎は謎のまま……気になる。北村薫さんに、推理小説として、この謎を解いてもらいたい。