読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり、食べたり、あきらめたり

つぶやきの保存。主に本や食べ物について。読んだ本の感想は読書メーターに投稿しています。

薬用せっけんではない

『珈琲とエクレアと詩人』を読んで、その中に出て来る北村太郎とその友人の妻との恋が描かれているというので『荒地の恋』を読んでみたのだけれど『珈琲とエクレアと詩人』の悲しくて優しい詩人のイメージが崩れた。
その恋がはじまった時には北村さんも妻子有の立場だったのか……。
自分の恋愛に浮かれた気分で、旦那の不貞を疑ってもいなかった妻に不倫を告白し、そのことを責められると怒るってひど過ぎる。
f:id:aki-ramete:20160109172645j:plain
でも、こういう芸術家や表現者は、芸術の源になってくれる女性(ミューズ)に走ってしまうのは仕方がないことなのかもという気もする。
一緒にいて自分の創作意欲を高めてくれる女性こそが大事で。
たとえ、どんなに妻が立派ですばらしい女性であっても、それとこれとは別なんだろうな。





珈琲とエクレアと詩人 スケッチ・北村太郎

珈琲とエクレアと詩人 スケッチ・北村太郎

荒地の恋 (文春文庫)

荒地の恋 (文春文庫)